コピーライティングの「3つのNOT」

 

どうも、佐渡です。

 

今回はコピーライティングの世界でも特に重要な「3つのNOT」
についてお話ししていこうかと思います。

 

コピーライティングの世界って言いましたけど

この3つのNOTは商品を売りたいとか
自分のブログ、サイトを見てもらいたいと思ったら
どの分野でも必要になります。

 

っていうかいらないわけがない。
そのくらい重要なものなので
ぜひこのページを見て覚えていってください。

 

「3つのNOT」とは

 

まず3つのNOTとはいったいなんなのか?
その概要についてお話ししていきます。

 

3つのNOTは以下の通りです。

 

1, NOT READ(読まない)
2, NOT BELIEVE(信じない)
3, NOT ACT(行動しない)

 

この3つがそうです。
ひょっとしたら知っていたかもしれませんね。

 

でもこれって当たり前すぎるほど有名なんですけど
知っていればいるほど重要視しなくなります。

人間ってそういうもんなんです。
あーもうこれ知ってるからいいやーってなるんですよ。

 

で、使わなくなる。
結果が出せなくなる。

 

なんで結果が出せねーんだーってなります。
そりゃそうです。
こんなに重要なテクニックを知ってんのに使ってないんだから・・・

 

テクニックなんてこの3つのNOTを超えるための枝葉

 

本とか教材で学んでいるといろんなテクニックがでてきます。
それ自体は学んでいて面白いですし、
役に立ちます。

 

知らないよりも知っていた方がいいものです。
たーだーし、それらってしょせんは枝葉のテクニックです。
3つのNOTを超えるためのテクニックです。

 

3つのNOTを超えることを前提として使わないと
クソの役にも立たんのですよ。

 

 

だからテクニックを学ぶために
何時間も掛けて、何冊もの本を読むのはいいことではあるんですけど
いつだって本質はシンプルに3つのNOTを超えるだけ。

 

こう思って学んでいってください。
それにテクニックってあまりにも膨大にあり過ぎて
覚えきれませんし使えません。

 

学校の書き取り授業をするわけではないですから
大事なところだけ学んでいって有効活用していきましょう。

 

重要な順番

 

で、3つのNOTってどれが重要なんだよーって話なんですけど
言ってしまえば全部重要ですよ。

 

でも
重要な順番ってものはあります。

 

って言ってもシンプルですよ。
上から順に
NOT READ(読まない)⇒NOT BELIEVE(信じない)⇒NOT ACT(行動しない)

っていう順番になります。
この3つのNOTを順番に超えていくことがコピーライティングの目標であり
超えていった結果商品が売れていきます。

 

順番が入れ替わることは天地がひっくり返ってもありえません。

 

それではひとつずつ説明していきます。

 

NOT READ(読まない)

 

まず広告だろうが、ブログだろうが、CMだろうが
見られない、読まれなかったら
信じさせるも行動させるもありません。
NOT READ(読まない)の壁を超えないと
頑張ってブログを書いても、どれだけ苦労しようとも
何の成果にもつながりません。

 

そもそも知ってもらわないと
どれだけ中身を作りこんでも人目に触れません。
触れなければ中身も何もあったもんじゃないってことです。

 

 

それに現代人って思っている以上に忙しいです。
テレビとか見てんじゃねーかって話なんですけど
それでも本人にとっては大事な時間なんですよ。

 

 

人は自分にとって興味がないことに時間も使いたくないし
労力だって割きたくないわけですね。
読んでもらえるだけありがたいってことです。

それに字を読んだりするのって労力を使いませんか?

 

だからまずは
読者にとって重要なことだと認識してもらったり
興味を持ってもらわないとダメだってことです。

 

NOT BELIEVE(信じない)

 

次にもし読んでもらえたとしても
信じてもらえないと意味がありません。

 

はいはい、言ってることはわかりましたよ。
で、それって本当なの?

ってことですね。

 

ネット上には膨大な情報があります。
それらすべてが正しいわけではないですし、
読者だってすべてを信じることはまずないです。

 

事実ネット上では嘘をばらまいて金を稼ごうとしている人も
いますから、全部を信じているとカモになります。

 

 

これは実績がどうのこうのでも一緒ですね。
実績があってもそれが偽造かもしれないし
いつどこでとった実績だよって話じゃないですか。

 

まぁ実績に関しては言い出したらキリがないですし
水掛け論になっちゃうんですけど、
ようは読者だってバカじゃないってことです。
そんなあれこれ信じません。

 

だから自分の主張を信じてもらおうと思ったら
理由と根拠を述べるのがベストですね。

 

医薬品とか化粧品の業界を見てみるとわかりやすいですよ。
商品ひとつひとつに入っている成分を説明してくれていますよね。

 

この成分が体にどういう作用を及ぼすのか?
どういった効用があるのか?
ビタミンをとるとこんなにいいことがあることが医学的に証明されています!

 

こういったところでしょうか。

 

 

事実はどうあれこういった根拠を突き付けられると
人は信じやすくなります。

 

それを信じた人がそういった医療品を買うんですね。

「ビタミン2000mg配合!」とかそうです。
ビタミンは体にいいってことを信じているから
そういう商品が出てきたときに買いたいと思います。

 

ちなみにビタミン2000mgって
ようはビタミン2gですからね。

 

野菜食えばあっという間にとれるじゃん
って思うんですけどこれも言葉のマジックですね。
こういうのもコピーライティングのテクニックです。

まぁ参考程度に・・・

 

NOT ACT(行動しない)

 

最後になりますがこの段階まで来た読者は
NOT READ(読まない)とNOT BELIEVE(信じない)の壁を越えている状態です。

 

それでも最後の壁があるってことです。
それがNOT ACT(行動しない)。

 

 

経験あると思うんですけど、
行動ってめんどくさいじゃないですかww

 

読んだみた。信じている。
それでも行動しないんですよ。人は。

 

なんでかってめんどくさいからです。
夏休みの宿題みたいなもんです。
やらないといけないのはわかっているし、疑っているわけでもない。

 

でもやりたくない、行動できない。
僕も夏休みの宿題は最後の3日派ですからわかります。

 

 

ようはそれだけ人間の腰は重いんですよ。
書き手としては興味も引いて、十分な根拠と証拠も示した。
これで行動するだろうと思っちゃうんですけど行動しないんです。

 

ここはもう理屈じゃないですね。
感情の問題です。

 

めんどくさい、メンドクサイ、やる気も起きないーーー。
こういう葛藤があるんですよね。
人間あるあるですww

 

 

だからその重い腰をなんとかしないといけないわけです。

 

じゃあどうすればいいの?
って話になってきますよね。

 

期限を決める

 

僕はさっき夏休みの宿題を例に出したじゃないですか?
じゃあなんでめんどくさいと思っていた宿題を
僕ができたかっていうと期限があったからです。

 

いついつまでにやらないといけないって思っていたからできたんですよ。
まあこれは僕に限った話じゃないと思うんですけど、、、

 

 

ようは期限を決めると人は動けるってことですね。

テレビショッピングとかわかりやすいですよ。
彼らがよくやっていることっていうのは

 

放送中に電話してくれたらもうひとつ、とか
本日限定商品ですとかですね。
そういうことを結構言ってますよ。

 

っていうか毎回言ってます。笑っちゃうくらいに。
なぜかっていうとそれだけ効果がある手法だからです。

 

今日だけなの?急がなきゃ!
数量限定!はやくしないと!

 

こういうことですよ。
悪い言い方をするとケツを叩く。
良い言い方をすると後押ししてあげるといったところでしょうか。

 

リスクリバーサル

 

リスクリバーサルって言ってもいろんな方法があるんですけど
ようは

「あなたにリスクはありませんよー」
って言ってあげることです。

 

1万円の商品とかを買ってガラクタだったら悲しいじゃないですか。
読者は潜在的にガラクタを掴まされる未来を恐れているんですよ。

そういった心理学的観点から人間心理についても書いてみました。

プロスペクト理論とは?意味や具体例、ビジネスでの応用方法

 

だからその不安な未来が訪れないことを保証してあげるんですよ。
有名なのが返金保証ですね。

もし気に喰わなかったらお金返します。
っていうあれです。

 

そうするとお金を返してくれるんなら
買ってみようかなっていう層が一定数います。
その人たちに買ってもらうっていうことです。

 

 

アフィリエイトだったら
メールサポートで手伝いますとかですかね。

 

 

以上がコピーライティングの「3つのNOT」のお話でした。
基礎的な知識ですけど基礎ゆえにおろそかにする人も多いのです。

 

どんな分野でも基礎っていうのは軽く見られがちです。
重要だからこそ基礎なのに・・・

 

コピーライティングに関係なく基礎っていうのは大切です。
家でいうところの土台の部分ですから。
土台がない家はあっという間に瓦解します。
忘れていいわけがないし、使わなくていいわけがないのです。

 

ぜひこの記事を何度も見て頭に叩き込んでください。

 

今回はこんなところです。

 


成長しながら成功する生き方に興味はありますか?

CTA

人生が退屈過ぎて、家に帰ってもテレビを見るしかやることがなかった僕が世界一周して、帰国後ビジネスをすることになったストーリー、海外で学んだことや成功哲学を無料のメルマガで限定公開しています。

成長と充実感を得ながら成功して、自分の人生を切り開いていくための情報に興味があれば赤いボタンをクリックしてみてください・・・

さらに今なら「ビジネスをしたことがない人でも1時間で3万円稼ぐことができるアイデアマニュアル」をプレゼント中です!!

(真っ当かつ簡単な方法なので稼げて肩すかしするかもです)


ABOUTこの記事をかいた人

就職をするまでビジネスをしようなんて考えたこともありませんでした。

ですが、やりたいとどうしても思えない仕事はしたくない
本当に心から充実した人生を生きていきたい!!

そう思いビジネスをやっています。


ひとりひとりが何者にも縛られずに
充実した人生を生きることこそ
最高の世界だと本気で考えています。

偉人の名言とかマンガの熱いシーンとかに感化されやすいタチです。