モンゴル語学習と成長には限界も年齢も関係ない、という話

モンゴル祭り

 

どうも、佐渡です。

 

先日、モンゴル祭りに行ってきました。

そこでむちゃくちゃ勇気づけられたことがあったんですよ!!

 

ついつい自分の可能性を否定してしまったり、
何かやってみたいけどなんだかな~って思ってしまった時とかに
読んでみてほしい記事です。

 

 

で、モンゴル祭りではいろいろなモンゴル的な催し物が
行われていたんですけど、

 

そんな催し物のひとつに
モンゴル語体験っていう企画があったんですよ。

 

 

で、、そこでなんというか勇気づけられたんですよね。
僕も負けていられないな、って鼓舞されたわけですよ。

 

やってやるぜーーー、
っていう感じで(笑)

 

 

それで何があったのかというとですね。

僕は単純にモンゴル語を学んでみたいなと思って
その企画が行われているゲル(テントみたいなやつ)に入ってみたんですよね。

 

やっぱり海外をまわったりした経験があると、
なんだかんだ異国に対して興味が尽きないんです。
(もう一回世界一周したい…)

 

 

まぁ、それはおいておいて
そこにいるのは僕以外みんな見た感じ60歳オーバーの
おじさん、おばさん。

 

はじめは気にしていなかったんですけど、
だんだん気になってきたんですよ。

 

なぜかってそこで学んでいる人たちがむちゃくちゃ真剣にモンゴル語を勉強していて。

 

 

おいおい、アンタたちもうそろそろ隠居する頃だろ。
失礼ですけど、そう思ったんですよ。

あんまり、僕の中で60歳過ぎの人が海外に行くイメージがなくて・・・
もちろん僕が海外をまわっている時にそういう人に会うこともありましたけど、
そこで出会う人たちっていうのは雰囲気が違うんですよ。圧倒的に。

 

ひとりで外国を回りまくって、百戦錬磨感があるっていうか(笑)

 

 

そんなイメージだったんで、
日本にいる小綺麗な紳士淑女が
モンゴル語を学んでいるのが不思議だったんですね。

 

なんでこの人たちはこんなに真剣にモンゴル語を学んでいるんだ?

普通に海外に行くのなら日本語が通じるところに行けばいいじゃないか。
ハワイとかグアムとか・・・

 

で、彼ら彼女らが本気も本気で講師の人に質問しまくりでした。

 

知識に対して貪欲だったんです。
講師が喋った言葉をあっという間に吸収していました。

メモもむちゃくちゃとっていました。

 

僕はそれを見てカッコイイと思ったんですよ。
すごく前向きじゃないですか。

 

 

思えば、何かを始めるとかやるっていうのは
そもそも年齢とか関係なくて、

 

例えばケンタッキー創業者の
カーネルサンダース。

彼がケンタッキーを始めたのは65歳からだし、

 

マクドナルドの創業者
レイ・クロック。

彼が事業を始めたのは52歳からです。
それまで彼はうだつの上がらない糖尿病持ちのダメ営業マンでした。

 

でも自分の可能性を制限することなく挑戦した結果
今があるんですね。

 

レイ・クロックなんて最初は
ライバル店のごみ箱を漁るのがスタートですからね(笑)

 

 

僕も世界一周する前とかは
自分には世界一周なんてそんな大それたことできないと思っていました。

そもそも英語できないし、
中学の英語のテストで12点とかだったし、
海外の情報なんて知らないし、

 

そもそも自分なんてたいした能力のない人間だと思っていたので・・・

 

でも、やっぱり自分の人生を考えた時に
今のままじゃ嫌だって思ったんです。

 

人生を好転させたい!!

そう思ったんです。

 

結果、苦労したし、カバン盗まれるしで
いろいろありましたけど、
なんだかんだ世界一周を達成することができました。

 

だから人生って年齢とか限界とかって関係ないと思っていて、
もちろん英語とかモンゴル語とかも
やって学んでいけば普通に体得できるものです。

 

僕は今ネットを使ってビジネスをしていますけど、
それもまた学んでいけば普通にやっていけるものです。

 

 

結局自分の成長を止めてしまうのって自分なんですよね。

 

自分は英語ができない。だから世界一周なんて出来ない。

自分なんて大したことないから、人生を変えるなんて出来ない。

パソコンはよくわからんからネットビジネスなんて出来ない。

 

いろいろ言い訳が出てきます。
でもそれって当たり前で、人はやったことがないことをするのは
どうしても怖い生き物だからです。

 

専門用語を使うなら
コンフォートゾーンから抜けられない。
っていうことです。

 

 

でも、僕はそこからちょっと一歩出てみたんです。
そしたら世界は広かったです。

海外とかそういう意味じゃなくて、
知らないことにチャレンジするっていうことが
こんなにも楽しいものだとは、っていうことです。

 

それに何か挑戦する人って他人から見たらすごく魅力的なんですよ。
それだけで

あれ?お前最近変わったな?
とか言われるようになります。

 

自分も楽しいし、他人からの評判も上がるし、
人生がよりよくなっていくのが体験としてわかります。

 

これからも60歳の人に負けないようにガンガン動いていこう!!
そう思わされる、モンゴル祭りでした。

 

今回は、こんなところです。

 


成長しながら成功する生き方に興味はありますか?

CTA

人生が退屈過ぎて、家に帰ってもテレビを見るしかやることがなかった僕が世界一周して、帰国後ビジネスをすることになったストーリー、海外で学んだことや成功哲学を無料のメルマガで限定公開しています。

成長と充実感を得ながら成功して、自分の人生を切り開いていくための情報に興味があれば赤いボタンをクリックしてみてください・・・

さらに今なら「ビジネスをしたことがない人でも1時間で3万円稼ぐことができるアイデアマニュアル」をプレゼント中です!!

(真っ当かつ簡単な方法なので稼げて肩すかしするかもです)


ABOUTこの記事をかいた人

就職をするまでビジネスをしようなんて考えたこともありませんでした。

ですが、やりたいとどうしても思えない仕事はしたくない
本当に心から充実した人生を生きていきたい!!

そう思いビジネスをやっています。


ひとりひとりが何者にも縛られずに
充実した人生を生きることこそ
最高の世界だと本気で考えています。

偉人の名言とかマンガの熱いシーンとかに感化されやすいタチです。