「事実はひとつ、解釈は無限」という考え方

 

どうも、佐渡です。

 

人間生きていればいろんなことが起きます。
良いことも悪いことも、、、

 

 

タンスの角に指をぶつけたり、

何もしていないのに嫌味な上司に説教されたり、

遅刻しそうな時に限って交通網が止まっていたり、

 

 

その時その時で嫌なことは起きる可能性があります。
しかも悪いことって立て続けに起きますよね。
不思議ですが、、、

 

今回のお話はそんなときにぜひ思い出してほしいお話です。

 

事実はそこに”ただ”あるだけ

 

例えば会社の帰りで雨が降っていたとします。

 

その日あなたは傘を持ってきていませんでした。
職場から家までは30分の距離です。

 

 

あなたならどう思うでしょうか?

 

 

多分「最悪だっ」と思いませんでしたか?

 

これってほとんどの人がそう思うと思います。
帰り道はびしょ濡れになることを覚悟しなければいけませんからね。

 

 

昔 工場で働いていた僕の場合だと
家から職場まで自転車で通勤していました。
だいたい30分くらいの距離です。

 

雨具がなければマジで死ねます(笑)

 

そんな日なんていくらでもありました。

 

 

一回だけすごい豪雨の日に
歩道から車道に出ようとしていた車の前を自転車で走っていたら
横からぶつかられましたからね。

 

その日も雨具を持っていなかったんですけど
ずぶ濡れな上に車にぶつかられて怪我するという酷い日でした。

怪我自体は大したことはなかったんですけどね。

 

 

これって結構な不幸だと思うんですよ。
出来ればそんな目には遭いたくないですよね。

 

僕だってもう嫌ですよ(涙)

 

 

ですが僕のこの出来事って傍から見ている分には
どうってことなくないですか?

できれば同情してほしいんですけどねww

 

でもこの事例を客観的にみてほしいんですよ。

 

 

雨の中、雨具なしで自転車をこいでいるアホがひとりいるだけ。
(車にもぶつかられましたが、、、)

 

本人はものすごく嫌なことですけど、客観的に見たら
『ただそれだけ』のことじゃないですか?

 

事実に対して解釈がひとつしかないと選択肢が少なくなる

 

今回話した僕の雨の中の自転車通勤だって解釈はいくらだってできます。

 

こうやって記事のネタにできます。
ネタができてラッキーだと思います。

天気について勉強しようと思えます。
人生に新しい可能性が増えますよね。

同じ目に遭わないように対策を考えようと思えます。
対策は間違いなく進化です。

 

 

もちろん僕だって好きで雨の中を自転車で走ったわけじゃないですけど、
ただの嫌な思い出かと言われればそんなことはないです。

 

同じようなことはもうごめんですが、
すべてが嫌な出来事ってわけではないです。

 

 

事実をひとつ見て、
「あ、これは笑い話にできるな」

 

そんな解釈もアリだと思います。

 

解釈が違ったために行動が変わってしまった例

 

こんな話があります。

とある靴会社がアフリカに市場を作ろうとしました。

 

その会社のセールスマンがアフリカの現地に行って
アフリカ人の生活を見て本社に連絡した時にこう言ったそうです。

 

「この国では靴は売れません。
なぜなら全員裸足で生活していて、靴なんて必要としていないからです」

 

その報告を受けた会社はアフリカ市場参入を諦めました。

 

 

一方同じ時期に別の靴会社もセールスマンを現地に派遣しました。

 

現地でアフリカ人の生活を見てそのセールスマンは
会社にこう言ったそうです。

 

「この国で靴を売れば可能性は無限にあります。
誰も靴を持っていないので全員が見込み客ですし、売れればすごい売り上げになります」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どうでしたか?

 

ここで登場した2人のセールスマンはどちらも同じ光景を目にしました。

 

ですが、同じ光景をどう解釈したのかで
その後の行動が大きく変わりました。

 

他にも解釈の余地はありますが、
ようは解釈の数だけその後の行動の選択が変わってきます。

 

これは他のどんなことでも同じですよね。

 

 

選択肢が少ないと未来の可能性が少なくなる

 

さっきのセールスマンの例え話を読んでもらえば
わかると思うんですけど、
解釈がひとつしか出せないとその後の行動の選択肢もひとつです。

 

前者のセールスマンの解釈では
せっかくある無限の可能性を秘めた市場を
何の可能性もない市場にしてしまいました。

 

 

それは将来の可能性が減ってしまうということです。

 

人生は選択の連続です。

選択肢のひとつひとつに可能性があります。

 

ですが、ひとつの事実に対してどう解釈したかで変わってしまいます。

 

その後の選択肢が変わります。

 

 

選択肢が変わるということは人生が変わるということです。

 

 

無理にものごとを前向きに考えようとか
そういうことは思いませんけど、

 

ものごとをどう捉えるのか、
他に解釈の余地があるのかを考えるのは
ものすっごーーーく価値のあることです。

 

人生が変わってきますし。ホントに。

 

 

ぜひ、日々の中で起こる出来事を客観的に観察して
いろんな解釈を考えてみてください。

 

解釈ひとつで行動が変わりますし、気分も変わります。
なにより楽しく生きていきたいじゃないですか。

 

起こったことを楽しく解釈してもいいわけです。
わざと嫌なものと解釈してもいいですね。
やりたいのならですが、、、

 

 

上手に解釈をコントロールして人生の可能性を
どんどん広げていきましょう!!

 

今回はこんなところです。

 


成長しながら成功する生き方に興味はありますか?

CTA

人生が退屈過ぎて、家に帰ってもテレビを見るしかやることがなかった僕が世界一周して、帰国後ビジネスをすることになったストーリー、海外で学んだことや成功哲学を無料のメルマガで限定公開しています。

成長と充実感を得ながら成功して、自分の人生を切り開いていくための情報に興味があれば赤いボタンをクリックしてみてください・・・

さらに今なら「ビジネスをしたことがない人でも1時間で3万円稼ぐことができるアイデアマニュアル」をプレゼント中です!!

(真っ当かつ簡単な方法なので稼げて肩すかしするかもです)


ABOUTこの記事をかいた人

就職をするまでビジネスをしようなんて考えたこともありませんでした。

ですが、やりたいとどうしても思えない仕事はしたくない
本当に心から充実した人生を生きていきたい!!

そう思いビジネスをやっています。


ひとりひとりが何者にも縛られずに
充実した人生を生きることこそ
最高の世界だと本気で考えています。

偉人の名言とかマンガの熱いシーンとかに感化されやすいタチです。