起業・独立をするタイミングはいつ?

 

どうも佐渡です。

 

最近はどうやら起業ブームらしいですね。

 

学生からキャリアな会社員まで
幅広い層の人たちが起業、独立を夢見ているみたいです。

 

まぁでもその気持ちはよくわかります。

 

毎日毎日無理やり目覚まし時計に叩き起こされて、
眠い目をこすりながら準備をして、
気力を振り絞って体を動かしているのに刻一刻と差し迫ってくる時間。

 

もう家を出ないと・・・もう家を出ないと・・・

 

そんなことを考えながらいそいそと過ごす朝は
正直たまったものじゃありません。

 

家を出れば家を出たで
そこから職場まで時間がとられます。

片道1時間なら1日で2時間も移動時間にとられてしまいますし、
なによりその移動中のストレスはしんどいですよね。

 

仮に1年で230日仕事だとすれば移動時間だけでも
460時間です。

移動時間だけでも19日分に相当します。

 

 

その点、起業をして自分でビジネスをするようになると、
そんなイライラする朝とはおサラバできます。

 

自分が事業主ですから、何時から仕事を始めるかも
自分の好きなタイミングで始められますし、
嫌な上司もいませんし、

自宅が職場なら毎朝満員電車に乗って汗をかいたり、
車通勤で何十分もかけて職場に行く必要もなくなります。

 

会社員と比べれば起業家というのは
かなり自由な人生が手に入るということですね。

 

多くの人が起業を夢見るのもうなずけます。

 

ですが、起業をするということは
一般的にはかなりのハイリスクだと思われています。

 

ハイリスクということはなにがなんでも
失敗できないということです。

 

できる限り失敗のリスクを減らすための
努力をしようと思うのは人として当然の人情だと思います。

 

その中には当然起業、独立する絶好のタイミングがわかれば
失敗するリスクは減るのではないか、

そういう考えもあります。

 

じゃあ、その絶好のタイミングはいつなのか?

それを話していきます。

 

起業するのに絶好なタイミングは?

 

はじめに言っておくと起業をするタイミングなんて
その人が何をするのかで変わってきます。

 

例えば、ラーメン屋をしようと思ったとしても
土地代、店舗、材料、その他もろもろの経費が掛かってきます。

 

美味しいラーメンを作るために勉強をする、練習する、
人によっては料理学校に行く人もいます。

 

莫大なお金がかかります。

膨大な時間がかかります。

 

もし、ラーメン屋をするのならタイミングとしては十分な資金が貯まって、
お客さんが満足するだけの味があるラーメンを作れるようになれば、ということになります。

 

おそらく最低でも1,000万以上は覚悟しなければいけません。
それに料理の勉強も必要でしょう。

 

さらに、どこに出店するのかでも
影響してきますから。
資金 + 時間 + ビジネスの勉強

これらを準備完了した時が起業のタイミングということです。

 

しかしそれだけの覚悟とコストを払ったとしても
ラーメン屋として食っていけるかどうかはわかりません。

 

今回はラーメン屋を例に出しましたが、
その他のビジネスもそんなところでしょう。

 

カレー屋だって、本屋だって、ビデオショップだって
例外ではないです。

 

もし失敗してしまえば人ひとりの人生なんて
簡単に消し飛んでしまいます。

 

取り立て屋におびえたり、
食事を満足にとれない生活になったり、
自分の家族にまで迷惑被害が及ぶ可能性もあります。

 

そういった点からも初期費用が莫大すぎるビジネスでは、
例え自分が最高のタイミングだと考えたとしても、
安易に飛び込むべきではないです。

仮にどれだけ信頼が置いている人に言われたとしても
結局は自分の人生の責任は自分が持つしかないからです。

 

 

ならば、初期費用が少ないビジネスモデルを選べばいいだけの話です。

 

初期費用が会社員をしながらでも十分にやっていける
金額ならば失敗をしたとしても大した痛手ではないですし、
そもそもそのくらいの金額なら借金を背負うということはないはずです。

 

失敗と言ってもいいのかというくらいのものです。

 

もちろんお金を失うわけですから
どうでもいいということはありませんし、
いい加減にしてもいいお金ではないです。

 

ですが、1,000万以上も掛けてビジネスをして失敗して、
立ち上がれないほどズタボロになってしまった人に比べれば
はるかにローリスクです。

 

それにそのくらいの金額を投資できない人は
何をやってもうまくいきっこないです。

 

掛けるべきところにお金を掛けられる人だけが
ビジネスで成功して自由を手に入れます。

 

それに初期費用が少ないビジネスなら
そもそも起業のタイミングを考える必要がありません。

 

思い出してください。

そもそも起業のタイミングを考えていたのは、
失敗するリスク、
他人に人生をコントロールされるリスクを少しでも減らすためです。

 

 

起業・独立をして自由な人生を手に入れられるようにするためでしたよね。

 

初期費用が少なければ失敗もなにもないです。
つまり恐れることは何もないということです。

 

やってみようと思ったその時が行動を起こす最高のタイミングです。

 

もし、起業・独立をするなら思い切って今すぐにでも
動き出してみればいいと思いますよ。
どうせ、大したリスクなんてないんですから。

ローリスクハイリターンなビジネスモデル

 

 

今回はこんなところです。


成長しながら成功する生き方に興味はありますか?

CTA

人生が退屈過ぎて、家に帰ってもテレビを見るしかやることがなかった僕が世界一周して、帰国後ビジネスをすることになったストーリー、海外で学んだことや成功哲学を無料のメルマガで限定公開しています。

成長と充実感を得ながら成功して、自分の人生を切り開いていくための情報に興味があれば赤いボタンをクリックしてみてください・・・

さらに今なら「ビジネスをしたことがない人でも1時間で3万円稼ぐことができるアイデアマニュアル」をプレゼント中です!!

(真っ当かつ簡単な方法なので稼げて肩すかしするかもです)


ABOUTこの記事をかいた人

就職をするまでビジネスをしようなんて考えたこともありませんでした。

ですが、やりたいとどうしても思えない仕事はしたくない
本当に心から充実した人生を生きていきたい!!

そう思いビジネスをやっています。


ひとりひとりが何者にも縛られずに
充実した人生を生きることこそ
最高の世界だと本気で考えています。

偉人の名言とかマンガの熱いシーンとかに感化されやすいタチです。