効率よく本を読む方法はこれだ!!

 

どうも、佐渡です。

 

あなたは本って読みますか?

 

まぁこの記事を読んでいる時点でそれなりにビジネス書ないし
なんらかの本を読んでいると思うんですけど、、、

 

読書って時間がかかりません?

ちなみに僕は200Pの新書を読むのでも
5時間くらいかかってしまうほどの遅読家です。

 

速い人は30分くらいで読むらしいですね。
ホントにうらやましいです。

 

 

で、今この記事を読んでいるあなたも
僕と同じように本を読むのがそこまで速くないのではないかと思います。

 

僕自身遅読に悩んで一時期読書法について勉強しました。

速読術系の本を読んだり、
記憶術の本を読んだり、
多読系の本を読んだりもしました。

 

あなたもそんな悩みを持っているんじゃないかと思います。

 

もっと効率的に勉強したい!!

知識を仕入れたい!!

 

そう思っていると思います。

 

日本では本を読む人が本当に少ないです。
本を読まないということは知識に対して投資をしていないということです。

 

逆に本を読んでいる、効率的に本を読もうとしているあなたは
きっと意識の高い将来有望な方なのではないかと思います。
知識に投資する意識を持っているだけで日本のなかでも一握りですからね。

 

 

今回はそんなあなたが本を効率的に読むための方法をお話ししようと思います。

 

 

完璧主義を捨てるべき

 

本を読むときに一字一句完璧に読もうとしていませんか?

 

実はその方法はあまり効率的な方法ではありません。

なぜならそんなことをしても本の内容なんてすべてを覚えられないからです。
時間もかかりすぎます。

 

僕たちは小学生の頃からしっかり間違えずに文字を読むように教育を受けてきました。

教科書の文章を一字一句完璧に読むことが評価につながったからです。
読んだ文章を一言たがわずに覚えれば褒められました。
ようは暗記力がある人が評価される価値観です。

 

ですが、社会人の世界ことビジネスの世界では勝手が変わってしまいます。

どう読んだか、完璧にしっかり読んだかよりも
読んで『どう活かしたか』の方が重要なのです。

 

 

僕自身やっていたのですが、海外の本とかで推薦文とかあるじゃないですか。

僕はそれをキチンと全部読んでいたんですけど、
正直その推薦文が役に立ったことは一回もありません。
今思っても読む必要がなかったです。

 

人によっては学びがあるのかもしれませんけど、
僕は推薦文の内容なんか覚えてもいませんし、
時間がもったいなかったと思います。

 

推薦文の内容を活かせたこともないです。

 

推薦文が読みたいのなら読んだ方がいいですけど、
せっかく貴重な時間を使って本を読むのなら
もっと役に立つページを読んだ方が役に立ちますし、効率的です。

 

本の内容全部を読もうとすると
推薦文や自分にとって必要のない部分まで読もうとしてしまって
時間もかかります。

 

本をきちんと一字一句読んだところで内容なんて完璧に覚えられません。
これは人間だったら当たり前です。

 

どうしても書いてあることすべてを読んで
読んだことをしっかり覚えたいというのはわかります。

 

僕もそうです。

 

 

ですが、本をしっかり完璧に読んだとしても
そうするために時間がかかり過ぎてしまい
最初の頃の内容を忘れてしまったら本末転倒です。

 

本で得た知識を役立てようと思っているなら
すべてを完璧に吸収しようとするのは逆効果です。

 

読んでいる最中に他にも細かいところが気になることがあると思いますが
そこは気にしない方がいいです。

 

気にしている間にも時間は流れていきますし、
そうこうしているうちに最初に読んだ内容は忘却の彼方です。

すべてをしっかり読むのは無謀ですし、ムダになります。

 

 

完璧主義は本当にろくなことがありません。
まじめで誠実な人ほどなってしまうのでタチが悪いです。

完璧主義はせっかくのやる気を失わせてしまうものなので注意が必要です。

⇒ いつまでたっても成功できない完璧主義者

 

目次の気になったところだけ読む

 

具体的な解決策として僕が提案したいのはこれです。

 

本を買ったらもったいなくて、
全部読もうとか思っちゃいません?

 

実はそれは落とし穴の可能性が大です。

 

どれだけ役に立つ本でも
すべてのページが役に立つということはありません。

 

役に立つ部分があれば役に立たない部分もあります。
どんな本でもそうです。

 

例えばノウハウ本とかっていろんな戦術が書いてあると思うんですけど
ぶっちゃけそのノウハウって全部使ったことってなくないですか?

 

使ったとしてもほんの一部のはずです。
下手すればゼロ個です。
費用対効果が悪いことの方が多いはずです。

 

まぁ本からひとつでも
アイデアやひらめきがあれば十分だと思いますが、、、

 

 

ですがどこに役に立つ内容が書いてあるかなんて
読んでみないとわからないのも事実ですよね。

 

なのでそれを見極める方法として
目次を読んで気になったところだけ読む
というのをお勧めします。

 

 

目次を読んでみて心が惹かれないのなら
その項目はあなたにとっては必要のない項目と思っていいです。

 

ひょっとしたら役に立つことが書いてある可能性もありますが、
それを確かめていたら時間がかかってしょうがないです。

結局本を一冊読むのに時間がかかってしまって読んだ内容を忘れます。
今までと同じです。

 

せっかく読んだのに何も身にならずに
時間だけ浪費するのは本当にもったいないです。

 

 

人生の時間は有限で何よりも貴重なはずです。

 

有効的に使えるのならその方法を使った方が得策だと思います。

 

 

目的を持って読む

 

で、ただ興味がある部分だけ読むんじゃなくて
目的意識を持って読んでみてください。

 

自分はこの本から何を学びたいのだろうか?

 

ということです。

 

もちろん趣味で読んでいるだけなのなら
今回のお話はあまり必要ないです。

 

ですがこと自分の役に立てようと思って
読書をしているのならこの意識は重要です。

 

人間は使わないものはどんどん忘れていくようにできています。
これは脳科学ですでに実証されています。

 

 

つまり何の目的もなく本を読んだところで
せっかく得た知識は右から左です。
時間だけが消費されていきます。

 

 

ノウハウ本ひいてはビジネス書は
今後の人生の役に立てるために読んでいるはずです。

 

せっかくあなたの貴重な時間を使って読書をしているのですから
効率的に効果的に本を活用した方がいいに決まっています。

 

 

勉強することは大事です。
しっかり勉強することを行動に起こしているのは
本当に素晴らしいことだと思います。

 

ですが、本を読むことが目的になってしまっては本末転倒です。
少なくとも情報を役立てようとしているのなら、、、

これはあなたが悪いのではなく学校教育の悪しき弊害ですよ。ホントに。

 

 

本を読んだところで忘れる時は忘れます。
特に時間をかけて読めば読むほど忘れてしまいます。
時間をかけて読んでいると1ページ目の内容を忘れてしまいますよね。

 

 

であれば役に立ちそうなところだけピックアップして
そこを役立てた方がいいです。

ビジネス本の場合ならひとつのアイデアで十分に元が取れるのですから、
本からはひとつのアイデアが得られればいいのです。

 

逆に丁寧に読んだがために時間がかかってしまい
何ひとつ身にならない方がもったいないです。

 

これはどのジャンルの本でも一緒ですよね。

 

 

 

ぜひ今回の読書法を使ってみてください。
はじめは目次の気になる部分だけを読むのに抵抗があると思います。

 

完璧に一字一句読みたくなることもあると思います。

 

 

僕も今だにあります。

 

ですが、やっぱり完璧に読んだからといって特別役に立つこともないですし、
どう役立てていいのかわからずに知識を仕入れても
使いませんし、使わないものは忘れていきます。

 

時間も浪費してしまいます。

 

今回の読書法があなたの役に立てば幸いです。

 

 

今回はこんなところです。

 


成長しながら成功する生き方に興味はありますか?

CTA

人生が退屈過ぎて、家に帰ってもテレビを見るしかやることがなかった僕が世界一周して、帰国後ビジネスをすることになったストーリー、海外で学んだことや成功哲学を無料のメルマガで限定公開しています。

成長と充実感を得ながら成功して、自分の人生を切り開いていくための情報に興味があれば赤いボタンをクリックしてみてください・・・

さらに今なら「ビジネスをしたことがない人でも1時間で3万円稼ぐことができるアイデアマニュアル」をプレゼント中です!!

(真っ当かつ簡単な方法なので稼げて肩すかしするかもです)


ABOUTこの記事をかいた人

就職をするまでビジネスをしようなんて考えたこともありませんでした。

ですが、やりたいとどうしても思えない仕事はしたくない
本当に心から充実した人生を生きていきたい!!

そう思いビジネスをやっています。


ひとりひとりが何者にも縛られずに
充実した人生を生きることこそ
最高の世界だと本気で考えています。

偉人の名言とかマンガの熱いシーンとかに感化されやすいタチです。